設計・仕様

【設計・仕様】2階 トイレ

こんにちは。
いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は、2階トイレの設計・仕様について紹介します。

1階トイレについては過去の記事をご覧ください。

 

2階トイレの間取り

2階のトイレは、階段を登ってすぐの位置に設計しました。

 

2階トイレの仕様

■便器
 TOTO
 タンク式 分離型
 J2タイプ
 STT340BJ2R(手洗有)
 オートパワー脱臭
 ホワイト

 

 
■ペーパーホルダー
 カワジュン
 亜鉛ダイキャスト
 クローム
 ワンハンドカット機能付
 W150 x D115

 

 
■サニタリーウォール
 クレスト
 サニタリーウォール3
 SW3-A
 ホワイト
 W350 x H1940 x D130
 

出典元:住友林業から提供されたカタログ

 
■タオル掛
 KAWAJUN
 タオルレール
 SC-451-XC
 クローム

 

 
■床材(サニタリーフロア)
 大倉工業
 SB-NO 厚12mm
 マーブルストーン(MS)

 

 
■巾木(はばき)
 キョーワ
 巾木シート(シートH42)
 ピュアホワイト(PW)

 

 
■窓
 三協立山
 マディオJ-M
 アルミ・樹脂複合サッシ
 防犯・アルゴンガス入りLow-E遮熱タイプ(S)複層ガラス
 縦辷り出し窓
 内部色マットホワイト

■窓台・枠
 キョーワ
 窓台(3方クロス巻き)
 ピュアホワイト(PW)

 
■壁紙
 リリカラ
 LL3766
 汚れ防止、消臭、抗菌、防かび、汚れ防止+抗菌

 

 
■壁紙(アクセントクロス)
 サンゲツ
 LL3287

 

 
■ドア
 キョーワ
 ハイウォール建具(インセット枠)HIS
 金属製レバーハンドル
 ピュアホワイト(PW)

 

 

よかったポイント

2階トイレの設計・仕様でよかったポイントです。

・階段を上がったすぐの場所にあり、隣に部屋がないため物音に気を遣わなくて済む

・1階がタンクレスのため、2階はあえてタンク式(4.8L)を採用

・サニタリーウォールは壁埋込で収納力抜群

・KAWAJUNのタオル掛はスタイリッシュでいい

・窓を設けることで換気ができ、採光もとれる

・壁紙は他の部屋と異なり汚れ防止+抗菌、消臭、防かびのものを採用

・片側の壁を藍色のアクセントクロスにし、床材もマーブルストーンにすることで清潔感がでる

2階のトイレは、住友林業の標準(奥行きが約176cm、横幅が約78cm)にしました。

1階は標準の横幅より9cm広げましたが、2階なので標準のままにしました。

便器も2階はタンクレスではなく、タンク式が標準となります。タンクレスの方がデザイン的にはすっきりしていて好みですが、変更するとオプション扱いになりますし、もしもの災害時にタンクが活用できると思うので、標準のままタンク式にしました。機能的にはウォッシュレットも付いてますし、全然問題ありません。

また、床材のサニタリーフロアは、1階と同じチークではなく、マーブルストーンを採用し、藍色のアクセントクロスと合わせて雰囲気を変えてみました。冬は少し寒く見えます笑

換気・採光用の窓、トイレットペーパーなどを収納するためのサニタリーウォールは私の中では必須です。

サニタリーウォールは壁埋込で出っ張っておらず、圧迫感がなくすっきりしているのでとてもお薦めです!

あと、トイレが他の部屋と隣接している場合、トイレットペーパーを取るときの振動や物音が聞こえるので、寝室や子供部屋とは隣接させない方が気にしなくてすみます。我が家は階段とWIC(ウォークインクローゼット)に挟まれた位置なので、全く気になりません。木造住宅の場合、トイレの位置は結構重要かと思います。

 

残念ポイント

2階トイレの設計・仕様で残念だったポイントです。

・窓の位置が高いため開封時に手が届きにくい

外観の設計上、窓の位置を天井付けで他の部屋の窓位置と高さを揃えているため、トイレの窓を開ける際に位置が高いため手が届きにくいです。

トイレの便器もあり窓に近づきにくいのですが、私の身長(170cm)で背伸びをしないと開けれないので、身長が低い方だと脚立がないと開けれないです(^-^;

なので、窓の高さ(ロックの位置)は設計時に考慮しておいた方がよいです。

 

できればやりたかったこと

2階トイレの設計でできればやりたかったことは特にありません。

もし予算や間取りに余裕があれば、1階のように幅を広げたり手摺カウンターを付けたかったです。

 

まとめ

今回は、2階トイレの設計・仕様について紹介しました。

我が家は1階がメインなので、2階はそこまで力を入れてませんが、それでもいろいろ決めることがあります。

また、アクセントクロスや床材なども1階とは別の部材を採用することで雰囲気を変えることができます。

今回の記事がこれからマイホームを検討される方の参考になれば幸いです。

本日もご覧いただき、ありがとうございました。
 
 

住まいブログ「一戸建 住友林業」と人気ブログランキングに参加しています。家づくりの参考になる素敵なブログがたくさんあります。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
木とくらす快適ライフ - にほんブログ村

いろんな間取りプランを参考にできます。

-設計・仕様
-,

© 2020 木とくらす快適ライフ